ベビーシッターにはさまざまな資質が求められます

女性が積極的に社会進出を行う時代となり、ベビーシッターの仕事はますます重要性を高めてきています。

子供の安全を守り、保護するという大事な仕事ですので、シッターになることに憧れている人も多いです。
この職業は、特別な資格が必要とされているわけではありません。

また、保育士や幼稚園教諭とは違い、定められた要件の学校を出ていなくても、ベビーシッターの名前で仕事をすることには、何の問題もありません。

ただ、実際には、保育士の資格ととったり、幼稚園教諭の免許状を取得しているケースも多いです。



あるいは、あくまでも民間資格ではありますが、全国保育サービス協会の認定ベビーシッター資格を取得している人もいます。

この資格を持っていると、就職先を探すとき大いに有利に働きますし、利用者からの信頼も自然と集まってくるものです。また、預かっている子供に急に健康上の問題が発生したときを想定して、看護師の資格を持っていると、大変に優遇されるのは当然です。ベビーシッターに求められるものは幾つかあります。
当たり前の話ですが、子供が好きであることが一番です。



それと同時に、大切な子供の安全を守るという意識も大事なのです。

ちなみに、ベビーシッター会社での面接では、次のような事項が質問されることが多いです。


まずは、資格を持っているか、という点です。

保育士や幼稚園教諭、看護師などの資格を持っていると有利になります。
また、実際に子育ての経験があるかも尋ねられます。

経験があるほうが有利なことは言うまでもありませんが、現実には、経験のない人でも、採用や登録されてからの努力で活躍していることは珍しくありません。



そして、喫煙の有無も重視されます。


子供への健康被害を考慮して、タバコを吸わない人が優先されるのは当然です。